特集記事・お知らせ

Column 2018.06.28

名東区猪子石での暮らし

洗練された街、名古屋市名東区

名古屋市の東側に位置する名東区。
閑静な新興住宅地として、依然人気の高いエリアです。
人口数も名古屋市内ではトップレベルで、さらに若い層が多いというのも特徴的です。

野球などスポーツで全国的に有名な東邦高校や、学力の高い千種高校、名東高校をはじめとした数多くの学校があることから文京区としても知られています。
また、区内には、文化小劇場や生涯学習センター、スポーツセンターなどが整備されており、市民団体による文化活動やスポーツ活動が盛んに行われていますよ。

猪高緑地や明徳公園、牧野ヶ緑地などをはじめとして、100ヶ所以上も都市公園が整備されており、都市であるながら、緑に触れる機会がとても多い区なんです。
また名東区に隣接している東山動物園のある東山公園(千種区)にも気軽に遊びに行けるというのも嬉しいポイントですよね。

 牧野が池1  
牧野ヶ池公園。どの季節に訪れても発見がある公園です。駐車場も広いので、車でも行きやすいですよ。

 

公共交通機関も充実していますよ。
地下鉄東山線を使えば、名古屋駅や栄といった都心部にも乗り換えなしで通えますし
リニモを使えば、IKEAや2022年にオープン予定のジブリパークなど、何かと話題の長久手市にもすぐに行くことができるので便利です。

P5222756-500x375

地下鉄東山線は、本数も多く、名古屋駅や栄駅といった名古屋の中心部に乗り換えなしで行けます。

 

車での移動もしやすく、道路も充実しています。
東名高速道路、名古屋第二環状自動車道といった高速道路の他、インターチェンジやジャンクションがあり、国道302も通っているので、どこへ移動するのも便利ですよ♪

通勤、通学に便利な土地な上、地元色がほかのエリアに比べて薄いため、学生さんや転勤族の方も多く住んでいるのも特徴です。閉鎖的…と言われることも多い名古屋ですが、名東区は比較的開かれたイメージのある街なので、その点も転勤族の方に選ばれる理由かもしれませんね。

また、おしゃれなカフェやお店もとても多く、よく雑誌の特集も組まれるほど!
名東区は、暮らすのはもちろん、お出かけするにもとっても楽しいエリアなんです。

 

目の前には公園が…ほっと和むロケーション

 

そんな名東区に、近日中に物件をご紹介することができそうです。
場所は名東区猪子石。
感じのいい住宅が立ち並ぶ、高台の静かなエリアです。
最寄りのバス停は「猪子石一丁目」で、地下鉄東山線の「上社」駅までバスで8分程度で行くことができます。

こちらの物件、街の憩いの場所である公園が目の前にある、とってもすてきなロケーションなんです。
この景色が目の前に広がったら…そう考えるとワクワクしてきませんか?

ご紹介する物件は、北垂れと言われる、北側が南側よりも下がっている土地。
一般的に北垂れの土地は南からの光を受けづらく、土地の評価としてはあまり高くないと思われがちです。でも、実は北側の空はとてもきれいなうえに、安定した採光をとることができるというメリットがあるんです。この物件はロケーションもいいので、北垂れという土地も決してネガティブな条件ではないと思いますよ♪

現在、この土地の良さを最大限に活かした住宅のプランを計画中です。
近日中にご紹介できるよう、ただいま準備を進めております。
情報公開まで、もうしばらくお待ちくださいませ!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の景色。

IMG500

冬の景色。

名東区猪子石に住んでみたら…?

猪子石1丁目の周辺環境も気になりますよね?
特に若い世代の方は、子育て環境が気になるのではないでしょうか?

働くママさんに嬉しい保育園は近くに3つ、猪高第一保育園、猪高第二保育園、ステラ保育園と
町内に3つもあります。

また猪子石1丁目の学区は猪子石小学校になります。
全校児童は400名弱と大きすぎず小さすぎず、ほどよい規模間の小学校です。
中学校は猪高中学校で、生徒数は600名ほど。学力も高く環境も良いため、口コミでの評判も上々の中学校です。

スーパーは、徒歩5分のところにマックスバリュ香流店がありますので、毎日のお買い物には困りません。
また、車で5分ほど行けばイオン名古屋東店もあり、便利ですよ♪

環境のいい猪子石の物件は、なかなか出ることありません。
どんな物件か気になる…という方はぜひ、なごや百貨不動産にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

Share on: Facebook Twitter